2018年4月21日

バンドTシャツのもやもや。

バンT、すなわちバンドTシャツがファッションアイテム化してもう結構になりますな。

今や「メタリカやAC/DCをブランド名と勘違いしていた」なんて笑い話にもなるくらい一般的になったバンTですが、かつてはどちらかというとダサい服扱いで、それでも買って着ることがそのバンドのファンとしての証明だったのです。その頃はバンTを扱う店も少なかったので、わたくしのような都内の店に疎いおのぼりさんにとってはダブルデッカー(昔シンコーミュージックが経営していたロックファッションの店)あたりが定番でした。しかしダブルデッカーでは商品ラインナップもイマイチかゆいところに手が届かない上、なぜかLサイズ以上のものしか置いておらず、わたくしの体型にあうMサイズの商品は皆無だったなあ。それでも買いましたが。だから街角でバンTを着て歩いている人を見ると不思議な親近感を感じたもんです。「おっ、ソドムのTシャツだ。やるねェ…」みたいな。

そういう世界を経験していたから、バンTの背後にあるバンドやそのバンドが演奏する音楽を無視して「ファッションとして着ているだけでロックは別に好きじゃない」 なんてやられると困惑してしまうのです。「いや、今はそういうもんだから」と言われても承服しかねるというか、日陰者のあいだで静かに成立していた世界に土足でずかずか踏み込んできて勝手なことをぬかすな、と苦りきったデイヴ・ムステインみたいな顔にならざるを得ない。バンTに限らず、何かの人気がブレイクするたびに昔から愛好していたファンが置いてけぼりになるという構図はもうしょうがないのかもしれませんが、うーん、やれん。

なんというか、AC/DCどころかソドムのTシャツを着ている人まで「こいつは話のわかる奴か…?俺の仲間か…?」と疑わなきゃいけない今の状況が寂しいんですよね。 前に観光でカリフォルニアに行ったとき、現地のあんちゃんが(その頃はまだ局地的な人気に留まっていた)パンテラのロングスリーブTシャツを着ていたわたくしにサムズアップしてくれたことがあって、当時高校生だったわたくしはいたく感激したのですが、今ではもうそんなほっこりイベントも期待できないのかなあ、みたいな。あと背景が顧みられなくなったことで「息子のバンTを着て買い物に行くおかん」みたいな定番ネタももう通じなくなっているかも。いずれにせよ、もうこうなったらファッションアイテムとしての人気が廃れてふたたび静かになるのをじっと待つほかないですな。

ちなみにそういう残念なファッション化、陳腐化の流れがまだ来ていないのがプロレスグッズで、例えば新日本プロレスの公式物販で昔からある坂井永年氏のイラスト入りTシャツ。あのポップな感じにデフォルメされたプロレスラーが描かれているアレなんかは、いまだ着る者に対して相応の忠誠心と覚悟を要求しているようで、とてもいいと思います。最近の新日本プロレスの公式物販には普通に良デザインのものも多いので、まずはそこから入門してゆくゆくは坂井永年、みたいな極め方もアリではないでしょうか。どうでしょうか。


 

2018年4月13日

ミニコラム・ちょろけん(仮) #50 [終]

しばらく前から日記をつけるようになりました。

日記については今までにも何度か挑戦したことがあるんですが、毎回三日坊主…までは行かないにしても一ヶ月続くのは稀というような感じで、なかなか長続きしませんでした。それが今回は気がついたらもう三ヶ月目に突入しており、やっとわたくしも人間として一皮ムゲたかな、みたいな。いやまあ日記を続けられるから偉いということもないんでしょうが、基本的に何に関してもあまり長続きしない性格なので、そういう毎日のちょっとしたキープオンに対する憧れが以前から少しあったのでした。

それで改めて分かったんですが、日記を続けるコツは「その日にやったことや起こった事実だけを書き、できるだけ感情を書かないこと」のようです。これはわたくしだけかもしれませんが、感情の動きを書き残してしまうと、特にネガティブなものはあとで読み返した時にぐんにょりしてしまうんですよね。あと日記を書くときにわざわざ嫌な気持ちや記憶を反芻するのも結構キツいですし。感情を吐き出してスッキリするために日記を書く、という考え方もひとつありそうですが、どうも自意識過剰気味なわたくしにそれはちょっと難しいかなあと。そういう内に溜め込むタイプだから色々苦労するんだと分かってはいるものの、まあ生来の性格はどうしようもないですよな~。

小林一茶がつけていた「七番日記」という句日記には日々のセックスの回数まで記録されていた(しかもやたら多い)らしいですが、日記を長く続けていればわたくしもそんな境地に至れますかねえ。あんまり至りたくない気もしますけど。セックス回数を記録した日記を読まれてしまう人も、そんな日記を読まされる人も、どっちも幸せにならないじゃないか!プライバシーを尊重せよ!ノーモアじんくんとガンダム!トランザム!

※ ご愛顧いただいた「ミニコラム・ちょろけん(仮)」は今回が最終回です。今後は同様の内容をちゃんとタイトルをつけて書く気でおりますので、発展的終了ということで一つよろしくお願いいたします。


 

2018年4月9日

ミニコラム・ちょろけん(仮) #49

「ジャンクフード」って言葉、なんかもう普通に使っちゃってますが、改めて考えてみると恐ろしい言葉じゃないですかね。

その食品を作るために失われた食材の命や、関わった人たちの様々な努力を全てひっくるめて「ジャンク(ゴミ)」と断じているんだから横暴きわまりないというか。「体に悪いものを食べないようにしよう」という一見意識の高そうな主張も、こんな言葉を使ったらただの傲慢としか思われないような気がするんですが。この言葉が使われはじめたのは確かバブル期あたりからだったと思いますが、呼び方そのものに抵抗感を示す人があまりいなかった(気がする)あたりやっぱり当時はみんな調子こいてたんでしょうな。

名前から受ける印象というのは意外に大きいもので、例えば「ジャンクガレッジ」というラーメン屋がありますが、個人的にはあれもちょっと暖簾をくぐるのがシンドい感じがあります。まるで店側が自分たちの出す料理をゴミ扱いしているようで、それはちょっと食べたくないぞ…みたいな。ちゃんとした料理が供されていることは重々承知なんですけどもね。あと似たような店名でも「ガラクタ貿易」は大丈夫なんですが、あれは料理屋じゃないですからな。

まあでも例えば内臓肉を指す「ホルモン」なんかも大阪弁の「放るもん」から来ていると認識されていた時期があって(実際の語源としては違うらしいですが)、その頃には「何やここはそないなもん食わすんかいな…けったいやな…」みたいなことを思う人も多少はいたのではないでしょうか。文化が定着することでその名前が帯びる印象も徐々に変わっていく、という現象があるとすれば、そのひとつとして「ジャンクフード」という呼び方ももう「ゴミ」という原義から離れた、あまり悪意を含まない言葉になりつつあるのかもしれません。でも今はまだあんまり使いたくない言葉かもなあ。うーむ。


 

2018年4月6日

ミニコラム・ちょろけん(仮) #48

オレはそれを「貧鈍(ピンドン)」と呼ぶね。

「お小遣い稼ぎ」と称して暴力団のシノギと同様の転売行為を繰り返している人や、企業サイトに掲載されている各種情報を丸写ししただけのブログでアフィリエイト収入を得ようとする人など、貧しさのあまり知能や人間性が鈍麻してしまっている人を近年とみによく見かけるようになりました。今の景気や世相、スマートフォンの普及などがその要因として挙げられるかと思いますが、うーん。自分の行為が誰かに多大な迷惑をかけていることに思い至らない想像力の乏しさ、あるいは他人なんかどうでもいいという傲慢なミーイズム、どちらも現代的な風潮ではあるかと思います。悪い意味で。

そういった人々を表すことわざとして「貧すれば鈍する」というものがありますが、そのままではどうも取り回しが悪いというか、日常会話に組み込みにくい。そこでもっと使いやすく、かつキャッチーにするために「貧鈍(ピンドン)」という表現を考案したという次第です。といってもピンドン(ドン・ペリニヨンのロゼを指す水商売用語)とかけただけのダジャレですけども。例えばブックオフでせどりを始めた知人についての会話で「あいつ最近ちょっと貧鈍入れすぎじゃね?」といった風にお使いください。そしてわたくしもできるだけ貧鈍を入れないように頑張ってやっていきたい。やってこましたい。



(正当な著作物に広告を入れるのは貧鈍にあたらないとする思考)

ミニコラム・ちょろけん(仮) #47

先日友人とモータースポーツの話をしていまして。

日本の走り屋文化から発祥したドリフト走行が、先人たちの努力の甲斐あって今ではもう正当なモータースポーツの一種目として海外でも認知されているんだよ、はは凄いねえ、という話から、でもやっぱり広い練習場が確保できる海外と狭っ苦しい日本ではモータースポーツ事情も色々と違うんだろうね、という話になり。そこでわたくしが思いついたのが日本でも気軽に興じられる新たなモータースポーツ、その名も「精密駐車」。

これは読んで字のごとく駐車の精密性を競う競技で、いやまあその場で思いついただけなので細部はまったく煮詰めていないんですが、日本のドライバーはみんな駐車が上手いみたいなイメージがあるので、ならそれを競技化したらいいんじゃないか?と考えた次第です。日常的な運転技術にもそのままフィードバックできるしいいことづくめだと思うんですが、問題は絵面がものすごく地味なことですな。大会の様子とか想像してもほとんど将棋大会みたいな雰囲気になりそうなので、若者向けにどう盛り上げるかが課題のひとつでしょう。あと「精密駐車」という競技名も少々お堅い感じを受けるので、もっとキャッチーなものを検討すべきかも。

なんて一人で勝手に盛り上がってみましたが、そもそも運転免許すら持っていない素人でも思いつくアイデアなんてもう過去に検討しつくされていますよね、きっと。わたくしが新ジャンルのパイオニアになる計画、失敗!ぐえー。


 

2018年4月4日

ミニコラム・ちょろけん(仮) #46

「体が冷える人は『首』がつく部位を温めるといい」なんて言いますな。

いやまあ首がつく部位でも乳首とか雁首は温めてもしょうがないと思いますが、手首や足首、あと首なんかは太い血管が皮膚に近いところを通っているため気温の影響を受けやすい、ということらしいです。かくいうわたくしもかなりの末端冷え性で今までに色々と対策を講じてきたんですが、地味ながら一番効果があったのはやっぱりリストバンド(サポーター)とレッグウォーマーでした。足首については靴下や足首サポーターでもいいんですが、一日中着用することを考えるとレッグウォーマーが一番快適なんですよね。足が締め付けられたり蒸れたりすることがないので。でも見た目は一番カッコ悪い。

で、リストバンド。袖口から見えてもあまりおかしくないように黒いものを愛用しているんですが、風呂に入るときにまずシャツを脱いでインナーのランニングシャツ+黒いリストバンド、という状態になると、いつも「ドラゴンへの道」のブルース・リー…ではなく何故か「ドラゴン拳」(小林たつよしの漫画)を思い出してしまうのがちょっと気になります。ドラゴン拳って子供の頃に読んだ記憶は全然ないのに、それでもふとした拍子にこうして記憶が蘇ってくるんだから、子供の頃に文物から受ける影響の強さというのは相当なものですな。

ちなみに当時わたくしがどんな作品を熱心に読んでいたかというと、まず最初に思い出すのは「超人キンタマン」、あと「やっぱ!アホーガンよ」。わたくしが今もってウンコチンチンから脱却できないのも、もしかしたらここら辺の作品の影響かもしれません。うぐぐ。